美咲会ボランティア

「コスモス寺」として知られる般若寺では、育成を始めてから約50年の月日が経ちました。
現在は毎年、初夏に3万本、秋に15万本の美しいコスモスを咲かせています。
 寺には檀家等はない為、従来の手入れは寺族のみで行っており、月に1度ボランティアに来ていただいております。
この会が「コスモス美咲会」で、苗周辺の草取りをはじめとして、水遣り、コスモス後片付け、掃除の手伝いをボランティアでお願いしています。
毎回の参加に限らず、隔月参加や、一回限りの見学を兼ねた参加も、もちろん可能です。
 毎月第1日曜日 午後2時より本堂内で勤行をした後、2時半より開始~5時までです。
 開催日:毎月第1日曜日
時間:午後2時〜午後5時(6月〜9月は午前8時からに変更。10月は休会)
 集合場所:般若寺本堂裏
 
○事前の申し込みは不要です。
○拝観料はかかりません。受付にて「コスモス美咲会に参加」とお申し出ください。
○持ち物は、軍手、汗拭きタオル、ビニールシート(休息用)、帽子、スポーツドリンク、虫さされの薬など。
○汚れてもよい作業着にてお越しください。お寺に着替え場所はありません。
○毎月の作業はお寺側の指導があります。
○希望者はボランティア保険に加入できます(熱中症対応)保険に加入してから作業されたい方は、事前に会長までお電話をしてください。

コスモス美咲会会長 加藤悦子 080-5641-1076

 


 
夏場の草取り作業の様子。夏場は暑いので小まめに休憩を挟みながら作業をします。コスモスの苗と苗の間にたくさん草が生えるので、取り分けながら抜くのは至難の技です。
 

 
夏場の草取り作業の様子。通路にも草が生えるので、通路組と花壇組に分かれて作業をします。夏場、日中は日差しがきついので、時間を14時から朝の8時〜12時頃に作業をします。
 

 
冬の間にコスモスの苗床の土作りをしている様子。プランターに何種類かの肥料を混ぜて土作りをします。
 

 
本堂の障子の張り替えの様子。冬場の仕事で、数年に一度この作業をします。
 

 
冬の間に剪定した木の枝を細かくする作業の様子。
 

 
終わったコスモスを抜く作業の様子。秋を終えて、終わったコスモスを順番に抜いていき一箇所に集める作業です。まだ残暑もあり、暑い時期ですので休憩を小まめに挟みながら行います。
 

 
花壇の整地をする作業です。
 

 
コスモスの苗を植えやすい様に整地します。